スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の俳句 「夕焼け」

Category : 俳句 |

夕焼け
      「あかまんま 夕焼けこやけ かくれんぼ」   tama

ベランダに出て洗濯物を取り込もうとしたら、
きれいな夕焼けだった。
子供たちの声が聞こえてくる。

トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#61 思い出されます
夕焼けから、あかまんまをイメージするって、郷愁の感を刺激されました。
網走のあかまんまは、甘納豆入りでしたが、tamaさんのあかまんまは、もしかしたら正統派の小豆?

ところで、こやけって、雰囲気のいい言葉です。
粋だね、というより、小粋だね、の方がニュアンスが軟らかくなって、いいですよね。
真っ赤な夕焼けではなく、もう少し太陽が傾いているような感じでしょうか。
#62 tamaたちが、
tamaたちが、大きい
子供などをかくれんぼしなかった。
#63 最近、めっきり老け込んだ・・・
いつもは年の事など忘れていたはずの私ですが、
最近ちょっと気が弱くなっている。
過ぎ去った楽しい思い出ばかりが頭の中を駆け巡っているみたい・・・

夏の終わりごろ、天塩川の橋の上から見た夕焼け、
ゴザの上に座ってアカマンマのお赤飯でおままごとをしたことなど・・・

亡き母のお赤飯はやっぱり甘納豆でした!
自分ではあまりこだわりません。

夕焼けは激しい赤より、この日のように薄明かりのような柔らかい色が好みです。

でも、太蘭さんって、本当に文章がお上手ですね~!
#64 なるほど…、
tamaさんのそんな想いが、こちらの郷愁の念を刺激したんですね。
でも、気弱ってのは、困りますね。
漢語には含蓄のある言葉であふれていますが、老眼のことを中国語では「花眼」というそうですよ。
ホァイエンと読むんですが、花のことがよくわかる年齢に達したという、じつに優しく、奥の深い言葉です。
若い頃は眼がいいだけに花の細部にこだわってしまいがちですが、花というのは細部よりも全体感が大切なんだと中国人は見ているわけで、おおらかな自然観、人生観まで表現されています。
ま、早い話が細かいことに気になさんなってことだろうなとぼくは勝手に解釈しておりますが…。
お互いに粋な齢の重ね方をしていきましょ。
#65 素敵な言葉ですね。
『花眼』ですか!
ほんとにきれいな言い回しですね。

私は細かなことは気にしない性格なのです。
(デリカシーがない・と言われることもある)
近眼だし・・・???

周囲に対してい気配りが足りない事を自覚しています。でも、今まではそれでいいと思っていたけど、
やっぱりそれでは摩擦を引き起こす事が多いね。

年を重ねても根本的な性格は変わらない。
もう少し、柔らかくならなくては・と考えるこの頃です。



コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。